Top
夏休み
最近、ちょうちょを探して山に入ることが多い私です。

b0168508_2253369.jpg

山の中にいると、普段生きている世界とは違う、見たこともない世界をたくさん目にできて、心が震えるような、涙が出るような感動にもよく出会います。
写真では表現しきれないし、もちろん言葉にもできません。

こういう時に芸術が必要になるのだろうけれど、正直な気持ちを言うと、人間の作るもので、自然の中の、神様が作ったものにかなうようなものなんて見たこともない。


また、山の中にいると、人間が生きてこれたことを不思議に思うほどの無力感も味わいます。

山の中で暗くなったら方向感覚がなくなるのはもちろんだけれど、暗くならなくたって、霧が出たり、背丈くらいのススキに周りを囲まれた程度で、方向感覚などすぐに失います。

一方向にひたすら真っ直ぐ進んだとしても、方向が悪ければどれだけ進んだって道に出ません。本当に真っ直ぐ進んでいるのかすら不安になって、進んでいいのか戻っていいのかわからなくなります。

その状態だと、足場の確認もできません。沼に侵入していても、急激に沈下していても、足をついて初めてわかります。

携帯電話なんて、山の中では何の役にも立ちません。ただの光る板です。だって圏外だから。

大群で襲ってくるブヨやアブやヒルには、そこら辺で売ってる虫除けスプレーなんて全く効果無いし、薄い服くらいなら貫通して皮膚を食い破ってきます。

車で道を走っていて、気づけば登山道の急斜面だったってこともあります。
私の車は軽自動車の4WDのため、何度か命拾いしました。


山道では野生動物にも頻繁に合います。

鹿なんて車を見ても逃げないし(だから道に出てきて車にはねられたでっかい鹿が道端によけられてる)。

猪の親子にも2度会った。2度目に会った時は、子どもがうり坊サイズじゃなかった。逃げ遅れた子どもを待ってる親猪が、こちらを向いて構えている姿は車に乗っていても怖い。

その他カモシカにも2度会ったし、サルやらうさぎやらイタチみたいのやら何やら色んなのに会いました。

そのうち熊にも会うのだろうと思う。

でも野生動物なら、人間を怖がってくれるのでまだしもで、一番恐ろしかったのは、山に放された猟犬3匹に出会った時でした。
獲物と人間が区別できないアンポンだったのか、あれで区別できてて加減した状態だったのかわかりませんが、飼い主が止めているにもかかわらず、何度も追い立てられました。
こちらが怖がっているのが伝わってしまったからだろうと思います。
だって怖かった。
傷にはならないけどアザが残るくらいは噛まれたし。

やっぱり、獲物を狩るつもりの動物に出会ったら人間などひとたまりもないですね。

そんなこともあって、一応、熊用の催涙スプレーを携帯することにしました。
b0168508_21385321.jpg

いざという時に使えるかわからないけれど。



釣りをしていた時も思っていましたが、自然と対峙していると、感動も恐怖も含めて、生きていることを実感させてくれます。

非常に充実した夏休みでした。





↓は、最近車のナビゲーションシステムに誘導されてたどり着いた場所。
このトンネルを通過せよとの誘導でした。





b0168508_2050141.jpg

[PR]
by kawamotomayu | 2013-08-25 22:19
<< 特別天然記念物 ウラナミシジミ >>



毎日の生活の中のいろいろ。
by kawamotomayu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
INTRODUCTION
みりん
MIX♀キジ白
2009年4月末生まれ(推定)

みりんの紹介ページへ
拾った時にひいていた猫風邪の後遺症で目に結膜が癒着したままになってしまい、目があまりはっきりは見えないので、やや臆病ですが、自分がリーダーという自覚があるのか、妹ふたりを守るためなら掃除機にも攻撃します。


みんと
MIX♀キジ白ソックス白エプロン
2009年6月生まれ(推定)

みんとの説明へ

みりんに何をされても絶対に逆らわず、気使いで、体育会系の香りがする子です。
クールを装っていますが、実は寂しがりで甘えん坊。
我が家の猫の中では一番表情が豊か。普段はいつも困り顔ですが、ぽんずが人間にかまわれていると非難がましい顔をします。



ぽんず
MIX♀茶とら
2009年9月12日生まれ

ぽんずの説明へ
3猫の中で唯一野良猫(捨て猫)出身でなく、生後2カ月まで実母の母乳で育った幸せ者。運動神経抜群で、よく食べよく鳴きよく遊びます。わがままで、気に食わないことがあると子どもが文句を言う時のような不満げな声で喚きちらします。

ikakeyamamayu
ものづくり人間
1982年生まれ

ikakeyamamayu紹介ページへ
愛知県で銅板で人とか動物を作っています。その他作ることなら何でもやります。




link


私の作品集はこちら。専門は金属です。

HOMEへ
HOME

猫のおもちゃとか猫ベッドとか猫首輪とか売ってるショップをやっています。(現在閉鎖中)

みりん工房へ
みりん工房



カテゴリ
銅板の作品
展覧会情報
猫たちのいる生活
みりん&みんと&ぽんず劇場
菜園
育てた野菜
出会った虫
釣り
先生
私の紹介
タグ
(17)
(8)
(6)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
ブログパーツ
フォロー中のブログ
好きな事とぼそっと独り言
猫イズム
苔庭 ― 絵と言葉の展覧...
Tabby the so...
るびるび.net
じろさんこちら
以前の記事
2014年 03月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧