Top
<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
第六回CCDOデザインアオード2011そして二人展初日
b0168508_22265081.jpg

自分の展覧会閉めてから、オープニングパーティーにちょびっとだけお邪魔☆

今日は早く帰りたいのに迷子です。
地下鉄の駅はどこ!?

今日二人展来てくれた皆様ありがとうございます。
相変わらず人見知りしてすみません。
でも皆さん大好きです!
私は春休みに取った有給が本日終了し、明日から仕事が始まります。土日も仕事なんです。鬼です。
なので土日仕事後(普段仕事がなければ2時に終われる)からなら行けるかと思いますが、確実に在廊できるのは4/2最終日だけです。
ぜひ会いに来て下さい。
人見知りですが。


[PR]
by kawamotomayu | 2012-03-28 22:27 | 展覧会情報
鍛冶屋の集いへ行ってきた
鍛冶屋の集いに行ってきました。

だいたい70人くらい来てたと思います。
b0168508_833210.jpg


コークス焚く中西さんの後ろに高田さんと武田さん。
b0168508_8321549.jpg


途中でふいごが消えてコークスを隣に移す中西さんと柴田君。
b0168508_834026.jpg


b0168508_8343493.jpg


鍛金はメインじゃないから~って言ってたのに、いつのまにやらけっこう人が集まってきてた!!
そうだよねえ、鉄の人はきっと鍛金の方が珍しいんだもんねえ!!
b0168508_8394640.jpg



戸谷さんの鍛造器も使ってきたー!
b0168508_8345914.jpg


水出しコーヒー飲みたかった!!
b0168508_8361355.jpg




直径2mくらいのたき火。
b0168508_8313057.jpg



まぐろのかま!でかかったよ!うまかったよ!!
b0168508_8311425.jpg




楽しかった!!

今回の実演は、肉を焼く串を作りました。

バーベキューの串っていうから普通に串を想像してたけど、串っていうか豪快すぎる!!
↓↓↓
b0168508_8293131.jpg



なんて肉らしい焼き方!!


私は皆がご飯食べ始めた頃に作り初め、会の締めにかかり焦る。
↓↓↓
b0168508_8274096.jpg

後半倉島さんにものすごい勢いで手を(道具も)貸してもらってしまいました。

完成品
↓↓↓
b0168508_8284993.jpg



鍛造の金槌重すぎてすぐ腕が上がらなくなりました。
しかし彼らはあの金槌をまるで木槌のように振りまくるからシンジラレナイヨ!!
かっこいいねえ!!あんなふうになってみたいものです!!



[PR]
by kawamotomayu | 2012-03-25 08:37
二人展
b0168508_074652.jpg


もうすぐ二人展の搬入があるのです。

今日は一日中ひたすら台座を作っていました。

でも、本当は四角い台座に乗せたくない。



ぎゃるりーくさ笛でやります。

鑄山麻裕・成田明日香 展

2012 3/28(水) ~ 4/2(月)
AM 11:00 ~ PM 6:30
但し最終日は、PM 5:00 まで

画廊HP→http://www.juno.dti.ne.jp/kusabue/index.html


[PR]
by kawamotomayu | 2012-03-22 00:21 | 展覧会情報
バベル
旧約聖書の中の、私の好きなお話の一つに、創世記に出てくるバベルの塔というお話があります。


創世記というのは、世界のはじまりについてのお話がまとめられた部分です。
アダムとイブとか、カインとアベルとか、ノアの方舟とか、(別にそういう題名がついているわけではないが)そういういくつかのお話でできています。

バベルの塔は、ノアの方舟の後のお話です。

そうです。

神様が大洪水で地上を一掃した後、唯一生き残り地上に降り立った一族のお話です。


そんなに長いお話ではないので、日本聖書協会の口語訳を全文コピペします。




11:1全地は同じ発音、同じ言葉であった。
11:2時に人々は東に移り、シナルの地に平野を得て、そこに住んだ。
11:3彼らは互に言った、「さあ、れんがを造って、よく焼こう」。こうして彼らは石の代りに、れんがを得、しっくいの代りに、アスファルトを得た。
11:4彼らはまた言った、「さあ、町と塔とを建てて、その頂を天に届かせよう。そしてわれわれは名を上げて、全地のおもてに散るのを免れよう」。
11:5時に主は下って、人の子たちの建てる町と塔とを見て、
11:6言われた、「民は一つで、みな同じ言葉である。彼らはすでにこの事をしはじめた。彼らがしようとする事は、もはや何事もとどめ得ないであろう。
11:7さあ、われわれは下って行って、そこで彼らの言葉を乱し、互に言葉が通じないようにしよう」。
11:8こうして主が彼らをそこから全地のおもてに散らされたので、彼らは町を建てるのをやめた。
11:9これによってその町の名はバベルと呼ばれた。主がそこで全地の言葉を乱されたからである。主はそこから彼らを全地のおもてに散らされた。



つまり、
大洪水を乗り越え、地上に降り立った彼らは皆、一つの言語を使っていたため、言葉が通じなくて困ることはありませんでした。みんな親戚だからね。
彼らは協力して技術を発展させて、レンガやアスファルトなんかも使えるようになりました。

そして、一致団結して自分たちの町を建設して、天まで届く塔を作って(多分神様に)認めてもらい、各地に散らされることの無いようにしようとします。

するとなんと、神様は人間に恐怖して、彼らが協力し合えないように、彼らの使っている言語をバラバラにして通じなくさせたのです。

そして、協力し合っていた人間たちは、各地に散っていったのです。


b0168508_20514394.jpg

↑こちらブリューゲルさんの描いたバベルの塔。
ブリューゲルと言えば、教科書では「農民の画家」で有名なあのピーテル・ブリューゲルですよ。
彼の作品見れば見るほど教科書に載せられてる絵がどんなに当たり障りのないの選んであるかよくわかります。



人間たちは別に、奢り高ぶったわけでもないし、神様に対して無礼を働いたわけでもありません。

むしろ多分、神様に自分たちの能力が上がったことを見てもらって、喜んで欲しかったのだと思います。

でも、神様は人間たちにいつまでも無知で無力であって欲しかった。
力を持って、自分に従順で無くなるのが怖かったのだ。


神様はとても人間らしい。






人は意志が正確に疎通できれば協力できるのでしょうか。






数年前に「バベル」なんて映画が作られてた気がする。
言葉が通じなくててんやわんやする話だって聞いた。
観てみたいと思っている。

あと、去年の12月に、ブリューゲルの動く絵っていう映画がやってたんだって。
これも観てみたいと思っている。



[PR]
by kawamotomayu | 2012-03-04 20:54 | 先生



毎日の生活の中のいろいろ。
by kawamotomayu
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
INTRODUCTION
みりん
MIX♀キジ白
2009年4月末生まれ(推定)

みりんの紹介ページへ
拾った時にひいていた猫風邪の後遺症で目に結膜が癒着したままになってしまい、目があまりはっきりは見えないので、やや臆病ですが、自分がリーダーという自覚があるのか、妹ふたりを守るためなら掃除機にも攻撃します。


みんと
MIX♀キジ白ソックス白エプロン
2009年6月生まれ(推定)

みんとの説明へ

みりんに何をされても絶対に逆らわず、気使いで、体育会系の香りがする子です。
クールを装っていますが、実は寂しがりで甘えん坊。
我が家の猫の中では一番表情が豊か。普段はいつも困り顔ですが、ぽんずが人間にかまわれていると非難がましい顔をします。



ぽんず
MIX♀茶とら
2009年9月12日生まれ

ぽんずの説明へ
3猫の中で唯一野良猫(捨て猫)出身でなく、生後2カ月まで実母の母乳で育った幸せ者。運動神経抜群で、よく食べよく鳴きよく遊びます。わがままで、気に食わないことがあると子どもが文句を言う時のような不満げな声で喚きちらします。

ikakeyamamayu
ものづくり人間
1982年生まれ

ikakeyamamayu紹介ページへ
愛知県で銅板で人とか動物を作っています。その他作ることなら何でもやります。




link


私の作品集はこちら。専門は金属です。

HOMEへ
HOME

猫のおもちゃとか猫ベッドとか猫首輪とか売ってるショップをやっています。(現在閉鎖中)

みりん工房へ
みりん工房



カテゴリ
銅板の作品
展覧会情報
猫たちのいる生活
みりん&みんと&ぽんず劇場
菜園
育てた野菜
出会った虫
釣り
先生
私の紹介
タグ
(17)
(8)
(6)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
ブログパーツ
フォロー中のブログ
好きな事とぼそっと独り言
猫イズム
苔庭 ― 絵と言葉の展覧...
Tabby the so...
るびるび.net
じろさんこちら
以前の記事
2014年 03月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧