Top
みりん退院
みりんとりあえず退院しました。

まだ抜糸はできませんが、手術直後の顔の腫れは引いています。

胃がゴロゴロ言う音も無く、呼吸も落ち着いています。

手術の時の写真をもらいました。

b0168508_1318433.jpg


鼻すじの骨を外して中の鼻腔を掘削して、空気の通る穴を広げる手術と、胸を開いて肋骨を固定する手術をしたのだそうです。
鼻の穴の入口も、楔形に切っていただいたそうです。

   →手術前に獣医さんからもらった現症・病態・治療の説明はこちら

酸素吸入チューブも食道カテーテルも、今回は設置せずに済みました。


b0168508_134642.jpg


b0168508_13461898.jpg



ただ、みりんはウイルスの宿主なので、またウイルスが活発化すると一度広げた鼻腔も再び塞がってしまうことが予想されるそうです。
そして、呼吸がうまくいかず再び胸部に圧力がかかれば、また肋骨が折れてしまうだろうとのことです。

多分、そのために獣医さんは、みりんの呼吸に関して積極的に治療するよりも、みりんが自分の生命力で、今の体の状況とうまく付き合っていけるような方法を自分で見つけ出すように期待していたのだと思います。

冬になると呼吸困難を起こしていたみりんですが、これからは症状を積極的に薬で抑えていくことになりそうです。



[PR]
by kawamotomayu | 2011-11-27 13:49 | 猫たちのいる生活
<< 2011年 金属造形展 みりんの手術 >>



毎日の生活の中のいろいろ。
by kawamotomayu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
INTRODUCTION
みりん
MIX♀キジ白
2009年4月末生まれ(推定)

みりんの紹介ページへ
拾った時にひいていた猫風邪の後遺症で目に結膜が癒着したままになってしまい、目があまりはっきりは見えないので、やや臆病ですが、自分がリーダーという自覚があるのか、妹ふたりを守るためなら掃除機にも攻撃します。


みんと
MIX♀キジ白ソックス白エプロン
2009年6月生まれ(推定)

みんとの説明へ

みりんに何をされても絶対に逆らわず、気使いで、体育会系の香りがする子です。
クールを装っていますが、実は寂しがりで甘えん坊。
我が家の猫の中では一番表情が豊か。普段はいつも困り顔ですが、ぽんずが人間にかまわれていると非難がましい顔をします。



ぽんず
MIX♀茶とら
2009年9月12日生まれ

ぽんずの説明へ
3猫の中で唯一野良猫(捨て猫)出身でなく、生後2カ月まで実母の母乳で育った幸せ者。運動神経抜群で、よく食べよく鳴きよく遊びます。わがままで、気に食わないことがあると子どもが文句を言う時のような不満げな声で喚きちらします。

ikakeyamamayu
ものづくり人間
1982年生まれ

ikakeyamamayu紹介ページへ
愛知県で銅板で人とか動物を作っています。その他作ることなら何でもやります。




link


私の作品集はこちら。専門は金属です。

HOMEへ
HOME

猫のおもちゃとか猫ベッドとか猫首輪とか売ってるショップをやっています。(現在閉鎖中)

みりん工房へ
みりん工房



カテゴリ
銅板の作品
展覧会情報
猫たちのいる生活
みりん&みんと&ぽんず劇場
菜園
育てた野菜
出会った虫
釣り
先生
私の紹介
タグ
(17)
(8)
(6)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
ブログパーツ
フォロー中のブログ
好きな事とぼそっと独り言
猫イズム
苔庭 ― 絵と言葉の展覧...
Tabby the so...
るびるび.net
じろさんこちら
以前の記事
2014年 03月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧